バスケットボールのポジションとは何なの?

バスケットボールは、ポジションが決まっています。
まあ、これは他の団体スポーツと同じですけどね。

これからバスケットボールを始めようと思っている人は、まずはポジションを覚えましょう(^^)

バスケットボールのポジションは、このように大きく3つに分けることができますよ

スポンサーリンク

・ガード
・フォワード
・センター

ガードは、3タイプがあります。

それは起点となるポイントガード、
ポイントガードのサポートをするセカンドガード、
ディフェンスの外からシュートを打つシューティングガード

これがガードの3タイプです。

フォワードには、2タイプです。
それは点取り屋の役目が求められるスモールフォワード、
ゴール近くでプレーするパワーフォワード、

これがフォワードには、2タイプです。

センターは細かいポジション分けがありません。
センターとは、フリースローレーンでプレーする人を指しますよ。

まあ、これらはそれぞれ求められるプレーが異なります。
ですから、あなた自身の適性に合ったポジションを見つけましょう。

これが重要なんです。

例を上げましょう。
たとえば、ジャンプ力とパワーがあるなら、パワーフォワードやセンターが向いていますよ。
また、遠くからでもシュートを入れられるのなら、シューティングガードが向いています。

このようなことを参考にあなたのポジションを見つけましょうね(^^)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

バスケットボールにはどんな技がある?

バスケットボールの技としては、このものが代表的でしょう。

・レイアップシュート
・ダンク
・アリウープ
・ダブルクラッチ
・ターンアラウンドシュート

レイアップシュートは、別の呼び名もあります。
それはランニングシュートやドリブルシュートと呼ばれることもありますよ。

簡単にいうとドリブルしながらゴールに近づき、ボールをゴールに置くようにシュートするのが
レイアップシュートです。

次はダンクです。
ダンクは高くジャンプして、ボールをゴールリングの上から押し込むシュートをすることです。

そしてアリウープは、空中でボールをキャッチします。
その後、そのままダンクに持っていくシュートのことをいいます。

ダブルクラッチとは、シュートの際に空中で一度フェイクを入れる技なんですよ。

最後のターンアラウンドシュートは、ゴールを背にした状態からの軸足を使った反転シュートのことなんです(^^)

この中でも最も簡単なのが、レイアップシュートなんです。

レイアップシュートは基本プレイのひとつです。
だから、一番最初に覚えることになりますよ。

まあ、ダンクに憧れを持つ人も多いと思います。
ですが、ジャンプ力や身長がないと不可能なシュートなんです。

なので、ダンクは誰でもできる訳ではありませんよ(T_T)

スポンサーリンク