社労士の資格取得を目指す方の中で高収入を得たいという理由で資格を取りたいと思っていらっしゃる方も多いです。
では実際の社労士の年収ってどれくらいなのでしょうか??

それは大体450万円前後が社労士の平均的な年収だそうです。
これが多いか、少ないかと思うかは人それぞれでしょうが
この数字は一応平均です。

実際には社労士の中でももっと年収の高い方もいらっしゃいます。
また逆に平均よりももっと低く200万にも満たない方も….(T_T)

スポンサーリンク

これには社労士としての働き方で開きがでるようです。
社労士の働き方は会社員として働くか開業するかのどちらかです。も少なくありません。

スポンサーリンク

では、社労士になると、一体どのくらいの年収を得ることができるのでしょうか?
会社員として働く場合はそれほどの高収入は期待できません。
ただ、社労士の資格を生かしつつ安定した収入を得ることは可能です。

実際の所雇われると普通の会社員と給料は大差ありません。

ですが開業した場合は違います。
開業すれば年収2000万円や3000万円というのも夢ではありません。
また年収100万円ほどの方もいます。

つまり開業すれは年収に大きな開きがあります。
この開きの原因はズバリクライアントの数の問題です。
当然クライアントが多ければ多いほど収入もアップします。

逆にクライアントが少なければ生活はかなり苦しい物になることでしょう。

そのため、安定を求めるなら会社員をオススメします。
また高年収を目指すのであれば開業するしかありません。
ただ開業には当然リスクがあることは覚えておいてくださいね。

スポンサーリンク