上手くなるエレキギターの練習法とは?

上手くなるエレキギターの練習法があります。
それは、この通りです。

・好きな曲を練習する
・正しいフォームを覚える
・メトロノームを使う
・たまに生音演奏をする

まず、好きな曲を練習するようにしましょう。
これはモチベーションを維持するためです。

スポンサーリンク

エレキギターは上手くなるまでに時間がかかります。
そのため、途中で挫折してしまうことが多々あるんです(T_T)

ですが、好きな曲であれば、練習が楽しくなりますよね。
なのであなたの好きな曲で練習するのがおすすめなんです。

また、正しいフォームを覚えないと上手く弾くことができませんよね。
だから、くれぐれもフォームには注意しましょう。

それに、メトロノームを使って練習することも有効ですよ。
それは、リズムを取ることができるからです。

メトロノームで効果的な練習を行うことができますよ(^^)

そして、たまに生音で演奏しましょう。
これも大切ですよ。

アンプを使用するとミスが目立ちづらいのですね。
ですから、あなた自身がどのくらい上達したのか分かりにくくなりますよ。

そのため、時々は生音で演奏しましょう。
そして、自分の音を確認してくださいね。

思っていたよりも下手だったという場合には、さらに練習しましょう。
それしか上達する方法はありません。

ただやみくもに練習してもなかなか上手くなれませんよ。
ですから、これらのことを踏まえて効率的な練習をしましょうね。

スポンサーリンク

エレキギターの弦の選び方とは?

エレキギターの弦には色々な種類がありますよ。
ですから、買いに行くとどれが良いのか迷うでしょうね。

そこでここでは、選び方のポイントをご紹介いたします。
なので、参考にしてくださいね。

選び方のポイントは、この通りです。

・素材や形状
・太さ
・メーカー

まず、素材や形状を選びましょう。

スポンサーリンク

一般的なのは、ニッケル素材のラウンドワウンドです。
ただ、音を硬くしたい場合は、ステンレス合金のプロスティールがいいかもしれませんよ。

素材や形状によって、音が大きく左右されます。
だから、好みの音に合わせたものを選ぶことが大切ですよ。

それに、弦の太さも忘れずにチェックする必要があります。

弦の太さで音のトーンが変わんです。
これで、太い方が深い音を出すことができますよ。

ただ、弾きやすさを重視するのであれば、細い方がオススメです。

どちらが良いかは人によって違います。
なので、自分に合う太さを探してくださいね。

また、メーカーによっても、音や弾きやすさが異なるんです。
できれば、色々と買って弾き比べまょう。

そうすると、あなたにとってしっくりとくる弦がみつかるはずですよ(^^)

エレキギターのコードって何なの?

エレキギター初心者は、コードを覚える必要があります。
ですが、そもそもエレキギターのコードとは一体何のことなのでしょう?

コードとは、和音のことなんです。

複数の弦を同時に弾くと、ド・レ・ミといった音が出ますよね。
それがコードなんです。

コードを覚えるためには、まずはコードブックを購入してください。

ただ、コードブックを使って覚えても、やらないとすぐに忘れてしまいます。
なので、なるべく毎日練習するようにしてくださいね。

そして、明るい音のメジャーコードと暗い音のマイナーコードだけは、完璧に覚えましょう。
これが重要です。

最初から全てのコードを覚えようとしても無理な話なのです。
なので、好きな曲を演奏しながら覚えていった方が良いかもしれませんね。

そうするうちに、少しずつ使えるコードが増えていきますよ(^^)

また、コードを覚える時のポイントは、指の形と人指し指の場所を覚えることなんです。
最初は、このことを意識しましょう。
そうして、練習を行ってくださいね。

それに、マイナーコードはメジャーコードを覚えてから取り掛かるのもポイントなんですよ(^^)

スポンサーリンク