NISA口座の開設までの流れについてみていきましょう。

まずは手始めに、NISA口座を開設する銀行や証券会社といった金融機関のサイト・窓口などから、開設に必要な書類を送ってもらいましょうね。

このNISA口座が開設可能になるのは、2013年10月1日からですよ。
なので今からなら大丈夫。

スポンサーリンク

それでNISA口座開設申込書に記入したら必要なものがあります。
それは、2013年1月1日時点での住所がわかる住民票の写し(コピー不可)です。

これを貼付して、金融機関に提出しなければなりません。

もし2013年1月1日時点での住所が現住所と異なっている場合には次のような物が必要です。

ちなみに同一市町村内での転居と異なる市町村に転居ではちょっと違います。

スポンサーリンク

同一市町村内での転居ならこれです。
住所だけでなくそこに住んでいる期間も記載された履歴付きの住民票の写しです。

異なる市町村に転居していたらこれです。
住民票の除票、または、戸籍の附票に加えて、現住所を確認できるような公的な本人確認書類を窓口で提示するか、コピーを貼付。

異なる市町村に転居だとちょっと面倒くさいのですが我慢してください。

必要書類を受け取った金融機関が税務署に確認書交付申請を行ってくれます。
それで、税務署が確認書を交付します。

それを受けてめでたくNISA口座開設のはこびとなります。

もちろん必要書類に不備があれば、再手続きシなければいけません(T_T)。
また気をつけてほしいことがあります。

それは、複数の金融機関にNISA口座開設を申し込んでいた場合です。
この場合には、無効になってしまうこともあります。

ですので十分気をつけましょうね。

スポンサーリンク