株式投資の失敗例とは?

株式投資の失敗することもあります。
それは、この通りです。

・上場廃止される銘柄の購入
・インサイダー取引の疑いがある銘柄の購入
・売るタイミングが遅い

初心者の場合、上場廃止される銘柄を購入してしまうケースが….(T_T)
そのようなケースが初心者の場合間々あります。

しかし、上場廃止される銘柄というのはどんどん株価が下落していく一方なのです。
これでは、購入する意味がありませんよね。

しかし、そのことを知らずに、「今買っておけば儲かるかもしれない」と思って購入してしまう人も….(T_T)
このような方も中にはいらっしゃいます(T_T)

上場廃止される銘柄を購入しても株価が上がることはありません。
なので、手を出さないようにしましょうね。

また、インサイダー取引の疑いがある銘柄を購入してしまう人も….(T_T)
このような方も多いですね。

そういった銘柄を購入してしまうと、一気に株価が下落します。
こうなると、大損をしてしまいますよ(T_T)

社名だけで購入してしまうと痛い目を見ることになります。
ですから、くれぐれも注意してくださいね。

それに、売るタイミングが遅すぎて大損をすることもよくあるんですよ(T_T)

「このまま持っていた方が利益が大きくなる」「そのうちまた上がるから大丈夫」などと思っているのが大違い(T_T)
こうしていると、信じられないほど株価が下がってしまうことも…..^^;

スポンサーリンク

このようなことがあるので気をつけましょうね。

スポンサーリンク

株式投資の前に何を勉強したらいいの?

いきなり株式投資をするよりも、事前に勉強した方がいいですよ。
その方が株式投資で成功する可能性が高くなります。

では、どのような勉強をしたら良いのでしょう?

株式投資の前に勉強した方がいいことは、この通りです。

・基本ルール
・投資のスタイル
・買い時と売り時
・専門用語

まずは、株式投資の基本的なルールですね。
これを知っておいた方が良いです。

株の購入方法や株の売り方、株式投資にかかる税金などなど。
このようなことは、最低限勉強しておきましょうね。

それに、投資には色々なスタイルがあります。
例えば、長期間株を保有するやり方や短期間で次々と売買を繰り返すやり方などなど。

ですので、どのようなスタイルがあなたに合っているのかを学ぶ必要がありますよ。

さらに、どのようなタイミングで買えば良いのかやどのようなタイミングで売れば良いのか大切です。
これらもきちんと勉強してください。

また、専門用語が分からないと株式投資をする時に困りますよ。
なので、簡単なものは事前に覚えておいた方が良いでしょうね。

このようなことを勉強しておきましょう。
そうすれば、スムーズに始めることができるはず(^^)

スポンサーリンク