株式投資はどんな仕組み?

株式投資は難しいイメージが強いかもしれませんよね。
ですが、実はそこまで難しいものではないんです(^^)

まあ、確かに専門用語が多いので戸惑いますよね。
ですが、仕組みを覚えれば誰でも始めることができますよ(^^)

まず、株式投資というのは、株の売買によって生じる差額で利益を得ます。
そのことを指す場合がほとんどです。

スポンサーリンク

例えば、1万円で株を買って、それを2万円で売ることができればどうでしょう?
そう、1万円の利益が出ますよね。

逆に、1万円で買った株が5千円でしか売れなかった場合には、5千円の損失になります。

これが株式投資の仕組みなんですよ。

こうして考えると、それほど難しいとは思えないはずです(^^)
要するに、安く株を買い、高く株を売ってお金を増やのです。

これが株式投資です。
そう思ってくださいね。

ちなみに株価は常に変動します。
なので、買うタイミングと売るタイミングを見極めるのが非常に重要なんですよ。

タイミングは早すぎても遅すぎても駄目です。
タイミングを見計らうためにも、常に株の値動きを見ておく必要があります。

それに、必ず失敗した時のことも考えておいてください。
そうして、投資をするようにしてくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

株式投資を始めるにはいくら必要?

株式投資を始めるには、どれくらい必要なのでしょう?

数十万円とか数百万円という大金がないと始めることができないイメージが強いですよね。
ワタシも最初はそう思っておりました。

ですが、それはイメージに過ぎなかったのです。

実は、数百円から始めることだって可能ですよ。

株式投資を始めるのに必要な資金は、この3つです。

・口座維持費用
・株の購入資金
・売買手数料

口座維持費用とは、その名の通りです。
そう、証券会社の口座を維持するために必要なお金のことです。

ですが、口座維持費用が無料というところもありますよ。

株の購入資金は、安い銘柄を選ぶと200円程度で大丈夫です。

ただ、株を売買する時に手数料が発生します。
なので、その分の費用も必要となりますよ。

その気になれば、これらを全て合わせても千円以内で抑えることが可能でしょう。

そのため、小学生や中学生のお小遣いでも簡単に始められます。
そうはいっても、そういった激安の株は滅多にありません。

まあ通常は1万円以上かかると思った方が良いかもしれませんね。

取引の練習をしたい場合は、儲けを無視して激安株を購入してみるのも良い手ですね。

スポンサーリンク