短期投資する方が負けないといわれています。
ですが、これは本当のことなのでしょうか??

それは本当なんですよ(^^)
その理由は株は長期間持つことで、リスクが大きくなってしまうことが多いからです。
逆に、すぐに手放すことで、リスクを減らすことが可能なんです。

それで、短期投資をすることによって、負けない可能性を高めることができるという寸法なんですよ。

では、どうして短期投資の方が負けないのでしょうか?
これも疑問ですよね

それは、上がった時にすぐに手放すことです。
こうすることで、大勝ちはできません。

ですが、コツコツ勝つことができるからです。

経験豊富な投資家でさえ、数年後に大勝ちできる銘柄を探すのは難しいのが現状です。

でも、1ヶ月くらいで利益は低くてもプラスになりそうな銘柄を探すのは、それほど難しくありませんよ。

1ヶ月や2ヶ月といった近い将来を予想することは比較的簡単です。
ただし、数年後になると予想するのが難しいのです。

だから、長期投資はリスクが高いといえます。

それに、長期投資は売るタイミングが非常に分かりにくいです。
そのため、初心者には不向きだと思った方が良いでしょうね。

リスクを減らして負けにくくしたい場合には、短期投資をしましょう。
そうすることをオススメしますよ。

スポンサーリンク

株で負けないために知っておきたい格言とは?

株には格言というものが存在します。
その格言を覚えておくことは大事です。

スポンサーリンク

そうしておけば、いざという時に役に立つこと請け合いですよ(^^)

株で負けないために知っておきたい格言は、コレです。

・相場は相場に聞け
・売るべし、買うべし、休むべし
・損切りは素早く
・人の行く裏に道あり花の山

「相場は相場に聞け」とは、どういった意味でしょう。
それは、自分がした決断にこだわり過ぎると大きな失敗をする可能性があるという意味です。

相場は所詮、相場にしか分からないということなんですね。

「売るべし、買うべし、休むべし」とは、常に売買をせずに休むことも大切という意味の格言です。
利益を上げている時はもっと利益を出したくなります。
また、負けている時は負け分を取り返すために熱くなってしまいます。
まあ、こうなるのが人の性でしょう^^;

ですが本能の赴くままに行動することはオススメしません。
そうすると、損をする場合があるので気をつけてくださいね。

「損切りは素早く」とは、損をしそうになったら素早く見切りをつけなさいという意味です。

株価が戻るのを待ちたい気持ちも分かります。
ですが、リスクが大きいので早めに損切りをした方が良いケースが多いです。

「人の行く裏に道あり花の山」とは、人と同じようなことをしていても大成功をする可能性は低いという意味の格言です。
人と反対のことをした方が成功を収める可能性が高いといわれていますよ。

これらの格言は株で負けたくないのなら覚えておきましょうね(^^)

スポンサーリンク