前回は不動産投資のリスクについて説明しました。
今回は不動産投資信託について書いていきたいと思います。

この不動産投資信託とは、一人ではなく大勢の投資家から資金を募ります。
そして、そのお金で不動産を購入するのです。

そこで生まれた収益は当然投資家に分配します。
これが不動産投資信託なのです。

一応説明しておくとここでいう収益は、賃料や売却で得たお金のことをです。

また、不動産投資信託には、投資証券という株券と同じようなものが投資家に発行されます。
これは証券取引所で売買できます。

このような特徴が不動産投資信託にはあります。

この不動産投資信託のメリットはこのようなものがあります。

・少額で不動産投資ができる
・売買が簡単
・配当利回りが高い
・専門家が運用してくれる

スポンサーリンク

一人で不動産投資を行う場合、不動産を購入するために多額の初期費用が発生します。
まあ一人でやるのなら仕方がありません。

ですから不動産投資は個人ではそう簡単に始めることができません。

ですが不動産投資信託なら違います。
不動産投資信託であれば、複数の人たちで不動産を購入します。

そのためお金は少額から始めることが可能なのです。

また普通は不動産を売買するのには時間がかかります。
ですが、不動産投資信託の場合は違います。

証券取引所で売買できるので、時間はかかません(^^)
売ろうと思ったらすぐにできます。
その日のうちに売却できるでしょう。

また配当利回りが高いです。
ですので、一般的な株式投資よりも利益を出せる可能性があります。

また運用は専門家がしてくれます。
そうなると安心感がありますよね。

こういったメリットが不動産投資信託にはあります。

リスクが嫌いなら不動産投資信託を選択するのもありですよ。

スポンサーリンク