不動産投資には当然リスクがあります。
そのリスクとはコレです。

・空室
・資産価値の下落
・家賃の滞納
・設備の故障
・金利上昇
・災害の発生
・事故や事件の発生

空き家ができてしまうと家賃による収入が途絶えてしまいます。
まあこれは想像できますよね。

また資産価値が下落してしまうと売却する時に困ります。
資産価値が下がるなら当然売るときには損をしてしまいます。

それに、入居者が必ず家賃を毎月支払ってくれるという保証はありません。
家賃を滞納されてしまうケースも珍しくありません。

また、設備が故障した場合には、その修繕しなければいけません。
その費用も必要になります。

スポンサーリンク

もし、金利が上昇してしまうと大変です。
何故なら返済額がアップしてしまうからです。

そうなると支払いが厳しくなります。

また火事や地震などの天災により被害を受ける可能性だってあります。
そうなると建物が倒壊してしまう場合だってありますよ。

事故や事件が発生してしまうとどうなると思います?
それは資産価値が下がってしまいます。

また、入居者が激減してしまう可能性だってあります。
そうなると、売却時の価格も低くなります。

不動産投資には、このようなリスクがあります(T_T)
不動産投資を始める前にはしっかりとこの事を理解しておきましょう。

不動産投資は一見、簡単で堅実そうな投資です。
ですが実際は非常にリスクが多い投資なのです。

ですが不動産投資を行う際は慎重に行うようにしてくださいね。

スポンサーリンク