つるし雛の作り方で簡単なものとは?本は?ブログは?

雛のつるし飾りは近年、各地で盛んになってきてますよ。

中でも三大つるし飾りとされている所があります。
それが山形県酒田市の「傘福」、静岡県東伊豆町稲取の「つるし飾り」、福岡県柳川市の「さげもん」です。

既成品ならばこれらの地域から買うのも良いでしょう(^^)

スポンサーリンク

ただ、手作りもいいものですよ。

なので、ここでは、つるし雛のことについて書いてみしました。

スポンサーリンク

つるし雛の作り方で簡単なものとは?

つるし雛ってキレイですよね。
なので作ってみたいと思われる方もいらっしゃることでしょう。

でも種類だけでも50種類以上はあります。
伝承・創作・バリエーションを入れるともう数えきれません。

ですから、その全種類を作る必要もありません。

ただ伝承の型では厳格な決まりごとに添って作ります。
ただ、創作ものはおめでたいモチーフで様々なものを作っておられます。

そして、1本またはひとつのつるし飾りに同じ物を作っていいいいのです。
ワタシの友人などは色違いや好きなものをたくさん入れたりしていますよ。

また、伝承では対で飾るのが決まりではありますよ。
ただ現在は、住宅事情などもありますよね。

なので現在はそのように必ず対で飾る必要もないですね。

また、つるし雛はお祝いのものなので原則として奇数でまとめましょう。

ただ、初心者の方ははじめは細かなルールにとらわれず、まずは作ることを楽しみましょう。
それからモチーフの意味やいわれなどを勉強していけばいいんです。

そのためにもやはり、つるし雛の本は購入されたほうがいいでしょうね。
あるいは、こういった手作りキッドもいいかも(^^)

これだと簡単に初心者でもつるし雛をつくれますよ。

つるし雛の作り方の本は?

ここでは、つるし雛の作り方の本を紹介しておきます。

まずはこれ

この本には女の子の健やかな幸せを願う、伝統の和布小物が満載されております。
ちなみにすぐに作れる60モチーフ型紙付きですよ(^^)

次はこれ

この本には人気のモチーフを集めたつるし飾りの作り方が紹介されております。
また、ちりめん細工や押し絵、和紙を使ったおりがみなどさまざまなかわいらしいお雛さまがいっぱいですよ(^^)
この本には お雛さま 作品紹介  (ちりめん細工/押し絵/和紙 など約10点) 吊るし飾り 作品紹介 (うさぎ/桜/桃/椿 など約10点)があります。

これらの本を参考にしてつるし雛を作ってみましょうね。

スポンサーリンク

つるし雛の作り方のブログって?

不器用なおっさんではつるし雛って上手く作れません。
なので参考になるサイトを紹介しておきます。

まずは、ここ。

つるし飾り製作工房 ももうさぎ
サイトURL:http://momousagi.edoblog.net/

こちらのサイトにはつるし飾りの基本は「桃」「猿」「三角」が書かれてあります。
そして、、伝統的なつるし飾りには必ずこの3つが含まれているのでここはおさえておきたいところですね。

ここは、つるしかざりの販売などもされておりますよ。

次はこれです。

mimiの手作り屋さん
サイトURL:http://hyslog-mimilog.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/post_dc80.html

手作りすることが大好きなmimiさんがつるし雛のパーツ作りを解説しております。

最後はここです。

さげもん美草 柳川伝承初雛のつるし飾り
サイトURL:http://sagemon.net/jisaku/

関西方面ではつるし雛のことをさげもんといいます。
ここは福岡県柳川市のつるし雛風習 さげもんの紹介と制作販売をされております。

こういったサイトを見てつるし雛を作ってもいいですね。

まとめ

つるし雛って見ているだけでも華やかですよね。
我が子のために手作りのつるし雛を作るのも素敵です。

スポンサーリンク