単身引越しの流れって?

単身引越しの流れがあります。
それは、この通りです。

1.引越し業者を決める
2.荷物の整理
3.不要品の処分
4.各種手続き
5.引越し

まず、引越し業者を決めないといけません。
これを決めないと引っ越しできません(T_T)

スポンサーリンク

ですから、あなたの予算や求めるサービスに合わせて引越し業者を探してください。

必ず1社だけではなく、複数の業者に見積もりを依頼しましょう。
そうして、各社を比較するようにしましょうね。

そうすれば、引越し費用の大幅な節約できますよ(^^)

引越し業者が決まったら、次に荷物の整理です。
まずは、ダンボールを用意しましょう。
そうして、使わないものから順番に詰めるのです。

ダンボールに入れた物の名前や置く予定の場所などを書いておきましょう。
こうすると、荷解きする時に楽ですよ。

そして、同時に、不要品の処分したほうがよいですね。

引越し費用は荷物が多ければ多いほど高くなります。
ですから、不要品は迷わずに処分しましょう。

これは意外と大切です。

この時に、ただ捨てるのはもったいないですよね。
なので、売れそうなものはリサイクルショップやネットオークションなどで売りましょう。

そして引越しの日が近づいてきたら、公共料金の支払いや住所変更、住民票の移動などの手続きをしなければいけません。

スポンサーリンク

それに、引越し当日は、運び忘れがないか最後によく確かめましょう。
これも忘れないでくださいね。

スポンサーリンク

単身なら自分で引っ越すと安いの?

単身なら、業者に頼むよりも自分で引っ越した方が安いというイメージがあります。
ただ、これは時と場合によります。

ですので、絶対に安くなるという訳ではありませんよ。

このような場合は、業者に依頼した方が確実に安いです(^^)

・荷物の量が多い
・レンタカーを利用する
・引越し先が遠い
・友達に手伝ってもらう予定

荷物の量が多いと、1回で全てを運ぶことができません。
なので、何度も新居と旧住居を往復するはめになります。
そうなると、ガソリン代が想像以上にかかるケースが多いですね(T_T)

また、大きな車を所有しているのであれば問題ありません。
ですが、レンタカーを利用する場合は高くつくことがありますよ。

作業時間が長引くと、それだけレンタカーの費用が高くなります。
そのことは理解しておきましょうね。

それに、引越し先が近い場合ならともかく、遠い場合には大変です。
それだけガソリン代がかかります。

友達に手伝ってもらうというケースもあります。
ですが、食事代などのお礼にかかる費用が意外と高くつくことも….(T_T)

こういった場合は、引越し業者の単身パックを利用した方が安くなるかもしれませんよ。
とりあえず、見積もりだけでも頼んでみましょう(^^)

スポンサーリンク