入学祝を贈る時期っていつ?

入学祝を贈る場合、いつ渡せばいいかあなたはご存知でしょうか?
もしかしたらあなたもご存じないかもしれませんね^^;

入学祝いを贈る時期は、早すぎるのもいけません。
また、遅すぎてもいけませんよ。

結論からいうと、入学式の前には贈りましょう。
そのため、3月~入学式が始まる前までに贈るのがベストです。

スポンサーリンク

そして、なるべく入学式ギリギリはやめましょう。
できれば、遅くても一週間前に贈るようにしましょうね。

ギリギリに贈ってしまうと、相手も入学式の準備で慌しいです。
なので迷惑をかける可能性がありますよ。

自分の都合ではなく、相手の都合に合わせて贈りましょう。
これも大切ですよ。

ただ、忙しくてタイミングを逃してしまい、入学祝を贈るのが遅くなってしまう場合も….(T_T)

その場合、それほど深い関係ではないのであれば、贈らないという選択肢もありますよね。
ただ、親族になるとそういう訳にはいきませんよね。

その時は、なるべく早めに贈りましょう。

遅れて贈る場合は、「遅くなりましたが」という一言を付け加えるのがよいです。
これで、少しは印象が良くなりますよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

入学祝ってお返しはいる?

入学祝をもらった場合、お返しは必要でしょうか?
その答えは、本来はお返しをする必要はありません。

子供への入学祝というのは、あくまでもお祝いの気持ちです。
なので、基本的にはお返しをしなくていいことになっていますよ。

しかし、だからといって、そのままもらいっぱなしというのは気が引けますよね。
ですから、常識的にもお返しをした方が良いでしょうね。

もし、お返しをする場合は、もらってから1ヶ月以内に何か贈るのがよいでしょう(^^)

そこまで高いものを贈る必要はありません。
大体、もらったプレゼントの3分の1程度のもので十分ですよ。

例えば、入学祝に3000円もらったのであれば1000円程度のもので大丈夫です。
また、10000円もらったら3000円くらいのお返しをします。

そして、お返しをする時は、品物に熨斗紙をつけましょうね(^^)

これは常識です。
ですから、忘れないようにしましょう。

また、親族や友達の間で、お返しは不要という取り決めをしている場合は、逆にトラブルを招くかもしれません。
ですから、お返しをする必要はありませんよ。

スポンサーリンク