花粉症の対策はいつから?飲み物は?グッズとは?

花粉症、それはアレルギーをお持ちの方にとってはとてもツライのです(T_T)
ワタシも花粉症なので、その辛さが身にしみておりますよ。

ただ、人間には知恵があります。
当然花粉症に対しても色々と対策があります。

ここでは、花粉症の対策について紹介いたします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

花粉症の対策はいつから?

現在4人に1人は花粉症だといいます。
もう国民病といってもいいでしょうね。

この花粉症とはスギやヒノキなどの花粉に症状がでるのです。
どんな症状かというと、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどですね。

このようなアレルギー症状が出るのが花粉症の特徴なのです。

では一体、どして花粉症の症状が発生するのでしょうか?
それを知ることで、早めの「花粉症対策」も行えますよ。

孫氏の兵法にもあるでしょう(^^)
「敵を知り己を知れば百戦危うからず」

花粉症の症状についてみています。
上記したとおり、花粉症の症状はくしゃみ、鼻水、鼻詰まりなどですよね。

でもこれってある病気の初期症状と似ています。
それは風邪ですよね。

なので、本当は花粉症であるにもかかわらず、風邪だと思い込む人もいらっしゃいます。
その思い込みから症状を悪化させてしまうケースもあるんですよ。

そうならないためにも花粉症に特有な症状を知っておきましょうね。
それで変だなと感じたら、早めに医師に診てもらいましょう。

症状の軽いうちだと治りも早いですよ。

まずはくしゃみからてす。
風邪ではくしゃみは立て続けには出ません。
くしゃみが立て続けに何回も出るようなら花粉症かもしれませんよ。

次は鼻水です。

風邪の時の鼻水は初めはさらさらでも、数日で黄色くなってネバネバしております。
しかし、花粉症の場合はずっと鼻水は透明でさらさらしているですよ。

次は鼻詰まりです。
風邪の場合は鼻詰まりの症状は比較的に軽いです。
ただ、花粉症の場合だと違います。

花粉症の場合には両方の鼻がつまり、鼻で息ができないことも…(T_T)

最後は目のかゆみです。
これは花粉症特有の症状ですね。
ワタシも風邪で目がかゆくなったことなどありません。

花粉症の場合には目がとてもかゆく、涙が出ることケースも…(T_T)

ここからは何故花粉症の症状が出るかを解説します。

人間の体に花粉が侵入してくると、その花粉(異物)に反応するIgE 抗体が作られます。
このIgE 抗体は肥満細胞の表面に付着するんですよ。

そして、再び侵入してきた花粉がIgE 抗体に結合するとさあ大変(T_T)
そうなると肥満細胞からヒスタミンなどの化学物質が分泌されます。

それで、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどの症状が出てくるのですよ(T_T)

次は花粉症発症のメカニズムを解説します。

花粉症の原因植物には樹木と草本があります。
そして、日本では約60種類もあるですよ(T_T)

主なものとしてはこれらです。
・スギ
・ヒノキ
・カモガヤ
・ブタクサ
・シラカンバ
・ハンノキ

これらが花粉症の主の原因です。
そして、本州、四国、九州では、一番の原因植物はスギとヒノキなのですよ。

しかも、スギやヒノキの花粉は、大量に風にのって数十キロも飛んできます(T_T)
だからこそ、どこにいても花粉症対策をしっかり行う必要があるんです。

ちなみに北海道や沖縄ではスギは少ないそうです。
なので、スギによる花粉症は北海道や沖縄ではあまりありません。
ただし、北海道では、シラカンバやハンノキなど、スギに代わる多くの花粉症の原因植物が存在しています。
あるので注意してください。

そして、スギ(スギ科)飛散時期は1月下旬~ 4月いっぱいですね。
またヒノキ(ヒノキ科)飛散時期は3月上旬*~5月上旬ですね。

一般的に、スギ花粉は、九州や関東では1月下旬からですね。
また、関西では2月上旬からです。

ちなみに花粉が飛び始める2 週間くらい前から治療を開始することをオススメします。
これが花粉症対策でが最も効果的だからです。

なので、1月中旬までには、医師に相談しましょう。
それで、あなたの生活スタイルに合った花粉症対策を始めてください。

これが重要なんです。

花粉症の症状が出る前から、お薬による花粉症の初期療法を始めていると、症状の発症を遅らせられます。
また、飛散シーズン中の症状をやわらげることが可能なんですよ(^^)

また、初期療法は早期に症状を改善させることも可能はです。
その結果として、処方される全体のお薬の量を減らすことも期待できますよ。
薬漬けは嫌ですからね。

そして、症状が出てしまったら、初めは症状がひどい部位の診療科の先生に診てもらうことをオススメします。
それから花粉症の治療薬にはどんなものがあるのでしょう?

それは、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬ですね。
薬ですので残念ながら副作用があります。

その副作用とは、眠くなったり、のどが渇いたりするものなどですね。
また、薬の服用も1日1回服用するものと1日2回以上服用するものなど様々です。

しかし、眠気やだるさもほとんどない第2世代抗ヒスタミン薬もあるのです。
この薬は、自動車の運転や危険を伴う機械の操作に対する影響が少ないと言われています。

あとは、どこでも水なしで飲める口腔内崩壊錠もあります。
また、ほのかに甘いドライシロップも出ていますよ。
これだと、小さなお子さんでも大丈夫ですね。

薬にも色々ありますので、あなたの症状に合った治療を始めましょう。
そのためにも早めに医師に診てもらうことが肝心ですよ。

また、花粉症での生活上の注意点としては
花粉の飛散シーズン中には、注意してできるだけ花粉に接触しないようにししてください。
これが花粉症の症状悪化を防ぐため有効です。

あと、先程から何度も言ってる通り症状が出る前から、治療を始めてください。

あとは、外出時、帰宅時、室内での注意点です。

外出時にはマスクやメガネ、スカーフなどを着用してください。
それで、花粉の目や鼻への侵入を防ぎましょうね。

また服装も花粉の付着しやすいウールなどのはダメですよ。

それから花粉は晴れた日、風の強い日などは、花粉が飛びやすいですね。
このような天候の日にはできるだけ外出をしないようにしましょう。

帰宅時の注意点としては
玄関に入る前に、衣類に付着した花粉を払い落す必要があります。
家の中に花粉を持ち込んではいけません。

また、手洗いや洗顔、うがいを行いましょう。
これで花粉を洗い流しましょう、

あと室内での注意点としては

外に干していた洗濯物などは要注意です。
外に干した洗濯物には確実に花粉が付着しております。

なのでその付着した花粉を洗濯物から払い落としてから取り込みましょうね。

また、花粉の飛散量の多い日には、ドアや窓は閉めておきましょう。
これは、花粉の侵入を防ぐためです。

あとは、こまめに室内を掃除を心がけてください。

あとは体調管理ですね。
そのためにも睡眠を十分にとって、体調を万全にてください。
また、ストレスも花粉症にはよろしくありません。

なのでストレスはためないように心がけましょうね。
あと花粉症には喫煙や飲酒などはよくありません。
なのでこれらは控えましょう。

スポンサーリンク

花粉症の対策で飲み物は?

ここでは花粉症対策としてオススメの飲み物を紹介します。
ちなみに、花粉症にいいとさせるのがポリフェノール、DHA、乳酸菌です。

まずは、お茶です。
日本人には馴染みの緑茶です。

この緑茶にはポリフェノールの一種であるカテキンがあります。
わけのわからない薬よりかは緑茶を飲むほうがよほど健康には良いでしょう。
風邪予防にもお茶を飲むことでなりますし…(^^)

次は赤ワインです。
赤ワインにはポリフェノールが有名ですよね。
ワインの中のポリフェノールには大別して3つあります。
それはアントシアニン系、カテキン系、クルクミン系です。

そしてワインの長期貯蔵により、これらのいくつかのポリフェノールが重合体になるのです。
こうなるとさらに効果 が倍加されるのです。

ただし、アルコールですので赤ワインを飲み過ぎてはいけませんよ。

あとは、黒酢ですね。
黒酢にはアミノ酸が含まれています。
このアミノ酸には細胞を再生させる働きがあるのです。
ですからこのアミノ酸をとることでより強い粘膜細胞を作ることが可能になります。

その結果として目のかゆみや、鼻づまりの症状を緩和してくれますよ。

ワタシの一番のオススメは緑茶ですね。

花粉症の対策のグッズとは?

オーストリッチ・ピービーミスト

これがあれば、化粧水のようにシュッとひと吹きでいいんですよ。 
これは化粧水型・見えないマスクなんです。
なのでメイクの上からでもOKです(^^)

スギ・ヒノキ・ブタクサ・イネのアレルギーに効果を発揮します。

電動ブラシ

このブラシは衣服や布団、洗濯物に付着した、花粉・PM2.5を電動で徹底的に吸引してくれます。
また吸引したものは、内蔵の高性能HEPA(ヘパ)フィルターで99.97%捕集です。

その他、ダチョウの卵から精製したアレルギー抗体をフィルターに添着しているといいます。
なので、捕集したアレルゲンは不活化できますよ

これは百貨店やホテルでも採用されているプロ仕様なんです(^^)

BMC 活性炭フィットマスク

活性炭フィルターがニオイもこれがカットしてくれますよ。
このマスクで花粉症 対策を(^^)

このマスクは新立体構造が上下左右から微粒子をカットするです。

空間除菌 Air Doctor(エアドクター) ゲルタイプ

これを気になるところに置くだけでいいんです。

それだけで二酸化塩素が空間を除菌&消臭&花粉症対策に効果を発揮します。
この二酸化塩素分子の力でウィルスや花粉をブロックです(^^)

まとめ

花粉に限らず予防するには対策は早めにするに限ります。
それであのツライ花粉症の症状を緩和できるのならなおさらやる価値はありますよね。

スポンサーリンク