一般的に身長は遺伝するといわれています。
これって本当なんでしょうか?
身長を気にしている方には気になる話ですよね。

実際は遺伝が身長に与える影響は25パーセントだそうです。
ですから、両親の身長によって左右される割合はそれほど大きくないでしょう(^^)

両親の身長が低くても子供は高身長になることだってあります。
また逆に、身長が高い両親の間に生まれても子供は低身長ということだって(T_T)

つまり、身長は遺伝よりも、生活習慣が大きく関係しているのです(^^)
ですからきちんと十分な睡眠をとりましょう。
そして、栄養バランスの良い食事も忘れずに!
また適度な運動を心がけましょう。

スポンサーリンク

そうすればきっと身長は伸びやすくなりますよ。

両親の身長が低いからといって気にすることありません。
諦めることは全くないのです。

ちなみに、100パーセント両親の身長が遺伝したと仮定して、自分の身長を導く計算式があるそうです。
それがコレです。

・男子の場合は{父の身長+(母の身長+13)}÷2
・女子の場合は{(父親の身長-13)+母親の身長}÷2

この計算式を使用すれば自分の身長を導けます。
自分の身長がどのくらいまで伸びるのかこの計算式で算出することが可能なのです。

ただ実際にはあまりあてにはなりません。
ですが、参考までに計算してみるのも悪くありませんよ。

スポンサーリンク