「寝る子は育つ」という言葉があります。
ですがこの言葉は本当なのでしょうか?

その答えは本当です。

睡眠時間がより多くあったほうが身長も伸びやすいのです(^^)
でも何故寝ることで身長が伸びるのでしょう。

それは寝ている時にはあるホルモンが分泌されるからです。
それが成長ホルモンです。

ですから睡眠時間が短いと成長ホルモンの分泌が不十分になります。
その結果身長が伸びないことにもなりかねません。

そうなりたくないのなら睡眠時間はしっかり確保しましょう。

スポンサーリンク

ただ寝ていたほうがよい時間帯というものがあります。
夜10時~深夜2時の間です。

この時間帯は成長ホルモンの分泌が活発になるからです。
この時間帯に寝ていれば、非常に多くの成長ホルモンが分泌されます。
ですからそれで身長が伸びる可能性が高くなるのです。

また身長を伸ばすためには理想の睡眠時間というものもあります。

理想の睡眠時間は7時間~8時間です。
小学生くらいまでであれば、10時間くらい睡眠時間を設けてください。ても構いません。

スポンサーリンク