「環境が変われば学校に毎日通える!」
そう思って進学する子もいます。

けれども高校に進学しても高校でも不登校になってしまうことがあります。
不登校になる理由は人それぞれです。

ただし大体は中学時代に不登校になった理由と同じみたいでする
そのようなケースがとても多いです。

スポンサーリンク

いじめが原因で不登校になっていたのであれば、高校に入学してからも変わらないことがあります。
いじめが原因で高校も不登校になるかもしれません。

また、中学時代に学校に行く意義を見出せずに不登校になってしまった人は同じ理由で高校でも疑問を感じてしまうみたいです。
それで高校も不登校になってしまうこともあります。

スポンサーリンク

それに、友達を上手く作ることができずに不登校になっていた人の場合も同じです。
高校でも同じ理由で不登校になることは珍しくないのです。

このように、中学時代に不登校だった場合は高校でも同じような理由で不登校になる可能性があるということは
覚えておいてください。

しかし、高校の不登校は中学の時よりもシビアです。
何故なら高校には留年があります。

例えば出席日数が足りなかったり、単位を取ることができなかったらそうなってしまいます。
高校ではこのようなことになると情け容赦無く留年になってしまいます。

そのため、高校の不登校は早めに解消することが理想です。

スポンサーリンク