不登校というと、「いじめ」や「友達関係」といった明確な理由があります。
これが不登校になる一般的な原因です。

ですがこれだけが不登校になる原因ではないのです。
中には、特にこれといった理由なしに不登校になる子もいます。

他の人からすると、「どうして?」と思うかもしれません。
ですが、それは本人にも分からないようです。

スポンサーリンク

だからこそこういったケースは厄介なのです。
本人もどうして学校に行かないのか、行きたくないのかを理解していません。

このケースは非常に解決が困難を極めます。

ただ実際にはなんらかの原因があるははずです。
いくら明確な理由なしに不登校になったとしてもです。

スポンサーリンク

本当は何かしら理由があるはずです。
そのことを本人が自覚できていないだけなのです。
理由は必ずあると思って間違いありません。

もし、子供が不登校になり、理由を聞いても、「理由は分からない」と言った場合にはこうしましょう。
両親もその子と一緒に理由を探しましょう。

それで理由を見つけることができれば、学校に行くことができます。
ですから根気よくその子供と時間をかけて理由をゆっくりと探しましょう。

けっして焦ってはいけません。
ただそうなると家族にも負担が掛かります。
そんな場合にはカウンセラーに相談するのもひとつの手です。

家族だけで抱え込むのはやめましょうね。

スポンサーリンク