不登校になってしまうのには原因があります。
その原因とはコレです。
・いじめ
・プライドの高さ
・思春期特有の心の不安定さ
・友達関係
・一人遊び

不登校の理由の代表的なものがいじめです。
このいじめが原因で不登校になっている子供は少なくありません。
また学校にはきちんと通っていてもいじめで苦しんでいる子供も多いのです。

また不登校になる原因としてプライドの高さというのがあります。
例を上げれば
「テストで良い点が取れなかった」
ということで自分を許せずに不登校になるケースもあります。
また「自分はこの環境にふさわしくない」などと思ってしまう子もいるようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

また思春期という多感な年頃であるからこそ心が不安定になります。
それで漠然とした不安が押し寄せるようになり不登校になるというケースも珍しくないようです。

それから、友達関係も重要です。
この友だち関係が上手くいかないと学校に楽くないのです。
それで学校に行くのが嫌になり不登校になることもしばしばあります。

また自宅で一人で遊べるインターネットやテレビゲームに夢中になりすぎるのもよくありません。
これが原因で不登校になるというケースも多いようです。

このように、不登校になる理由はそれぞれ違います。
ですからもしあなたのお子さんが不登校担った場合はまずは何が原因なのかを知ることからはじめてください。
これが大切です。

スポンサーリンク