日本には、育児休業制度という法律があります。
ですから労働者は申し出ることによってこの制度が利用できるのです。

この育児休業制度は一定期間育児に専念するための休暇をもらう制度のことなのです。
気になるのはその期間です。
育児休業制度ではどれくらいの期間休めるのでしょう。

それは子供が1歳に達するまでの間です。
ですから子供の誕生日の前日までと覚えておいてください。

スポンサーリンク

ただし例外もあります。
それは保育所になかなか入れることができない場合です。
また親御さんが病気や怪我などで育児ができなくなった場合も例外になります。

これらの場合には1歳6ヶ月に達するまで育児休暇で休めます。

スポンサーリンク

この育児休暇の申請は1ヶ月前から行わないといけません。
また1歳6ヶ月の育児休暇を取得する場合は、休業開始予定日から2週間前に申請する必要があります。

育児休暇は本来なら誰でも取得できます。
ですからこの制度はまだまだ認知度が低いのが現状です。

また会社によっては認めてくれないところもあるそうです。
ただ認めてくれたとしても復帰しても戻る場所がなくなってるというケースも多いといいます。
それに申請するとかなりの確率で嫌な顔をされるでしょう。

この制度の普及には会社側が理解を深めることが必要不可欠です。
そうしないと誰もが安心して育児をすることができなくなってしまいます。

スポンサーリンク