育児について正しく理解するためにも、育児本は必要です。
ぜひ育児本は読んでおいた方が良いでしょうね

中には、父親でも分かるような育児本がありますよ(^^)
ですから夫婦一緒に勉強しましょう。

読んでおいた方がいい育児本はこちらです。

スポンサーリンク

・子どもが育つ魔法の言葉
・子どもへのまなざし
・親業
・0~4歳わが子の発達に合わせた1日30分間「語りかけ」育児

「子どもが育つ魔法の言葉」はベストセラーです。
この本は、日本だけでは読まれているのではありません。

この本は世界で愛読されている育児本なのです。

この本には子育てのヒントがたくさん隠されています。
まさに目からウロコの育児本なのです。

スポンサーリンク

「子どもへのまなざし」は、小児科医が育児を紹介しています。

この「子どもへのまなざし」を読むことできっと育児に対する考え方が変わることでしょう。
そんな一冊なのです。

「親業」は、子供とのコミュニケーション方法がわかる本なのです。
この本には子供と親との関係を分かりやすく解説してあります。

ですからこの本は今のあなたの子供との接し方が合っているのかどうか見つめ直すきっかけとなる本になるはずです。

「0~4歳わが子の発達に合わせた1日30分間『語りかけ』育児」は、語りかけることにより子供とどう接すれば良いのかが書かれてあります。

この本できっと語りかけの大切さに気付くことでしょうね。
どれもオススメの育児本ですよ。

スポンサーリンク