車査定でありがちなトラブルは?

車査定でありがちなトラブルがあります。
それは、この通りです。

・税金のトラブル
・メール査定のトラブル
・契約後のトラブル

消費税や自動車税に関するトラブルは非常に多いですね。
そのため、気をつけた方がいいでしょうね。

買取金額の中に消費税が含まれているケースと含まれていないケースがあります。4
なので、事前によく確認してくださいね。

それに、買取業者の手続きが遅くて自動車税の通知が来てしまうこともありますよ(T_T)
ですから、売るタイミングによってはそういった事態になった場合の対応についても確かめましょう。
そうしておいた方がいいかでしょうね。

また、メール査定の金額と実車査定の金額があまりにも違うというケースも….(T_T)
こういったケースも多々あります。

このようなトラブルは珍しくないのが実情です。
なので、もし、納得いかない場合は無理に売却する必要はありませんよ。

そして、契約後に買取金額を減額されてしまったりすることも….(T_T)
また、クーリングオフを断られるというトラブルも多いですね。

契約書をきちんと熟読していないと後から困るのはあなた自身です。
なので、面倒がらずに読むようにしてくださいね。

特に、キャンセル料が発生するのかどうかは重要ですよ。
ですから、しっかりと確認するようにしましょうね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

車査定の時に必要な書類はある?

車を査定してもらう場合、手ぶらで行ってもダメですよ。
それでは査定を断られます(T_T)

車査定の時には、以下のような書類が必要です。
ですから、忘れずに提出してくださいね。

・自動車検査証
・自賠責保険証書

査定だけであれば、自動車検査証と自賠責保険証書の2点があれば大丈夫です(^^)
これだけあれば特に問題はありません。

これらは、ダッシュボードに保管していることが多いのですね。
なので、車の査定をしようと思っている人は探してください。

仮に見つからない場合は、再発行の手続きが必要ですよ。

再発行は、自動車検査証は運輸支局、自賠責保険証書は契約している保険会社でできます。
ただ、再発行まで時間がかかります。
なので、紛失したことに気付いた場合は早めに手続きをしてくださいね。

それに、出張査定を利用して自宅で査定をしてもらう場合、事前に書類を用意しましょう。
そうしておくことをおすすめします。

営業マンが来てから探してしまうと相手を待たせることになりますよね。
そうなると、印象を悪くする恐れが….(T_T)

印象が悪くなると、それが査定額にも響きます。
ですから、注意してください。

また、車を売却する場合には、この他に自動車税納税証明書や印鑑登録証明書なども必要ですよ

スポンサーリンク