失業保険を不正受給してはいけませんよ。
そんなことをするとどのようなペナルティがあるのでしょう。

それを説明します。
もしも不正受給した場合はこのようなペナルティがかせられます。
それは、支給額の2倍、または、3倍のお金を返納する必要があるのです(T_T)

これは割に合いません。
それだけではありません。
さらに、悪質だと見なされた時は、詐欺罪に問われるそうです。

スポンサーリンク

ですので、失業保険を不正受給は絶対にしてはいけないのです。

では、不正受給に当たるのは具体的にどのようなことがなのしょうか?
それはコレです。

・アルバイトなどで得た収入を申告していなかった場合
・再就職したのを隠していた場合
・起業したのを隠していた場合
・働く意思がない場合
・求職活動の有無を偽った場合

スポンサーリンク

これらの場合には、不正受給にあたります。

まず、アルバイトなどで得た収入は、全てハローワークに申告する義務があります。
決して、収入を偽ってはいけませんよ。

それに、再就職したり、起業した場合にも同様です。
その場合にも、ハローワークにきちんと申告しましょう。

そのまま失業保険をもらい続けるのはNGです。
そんなことをしては、不正受給になっちゃぃますよ。

また、実は働く意思がない場合も同様です。
このケースでも不正受給になります。

それから、失業認定を受けるためには、求職活動をしているという実態が必要不可欠なのです
本当はしていないのにも関わらず、していると嘘をついた場合もいけません。

これも不正受給になりますよ。

失業保険の不正受給はやめましょうね。

スポンサーリンク