失業保険の延長は可能なのでしょうか??
それはできます。

ですが、もらえる期間を長くできるという訳ではないよとうです。

失業保険の延長とは、定められた受給期間を延期するということなのですよ。

スポンサーリンク

通常、失業保険の受給期間はどれくらいなのでしょう。
それは、離職日の翌日~1年以内と思っておいてください。

ですが、人によっては、何か理由があります。
それで、仕事を探したくても探せないケースもあります(T_T)

そういった場合に、失業保険を延長することが可能なのです。
では延長できるケースとはどのようなものでしょう??
それがコレです。

・病気や怪我で働けない場合
・妊娠や出産で働けない場合
・親族の介護で働けない場合
・配偶者が転勤するので、一緒に海外に行く場合

スポンサーリンク

こういったケースで30日間働けないということであれば、最長3年の延長ができるようです。

つまり、本来の受給期間を足すと、合計4年まで延長可能なのです(^^)

しかし、当然のことながら誰でも延長可能という訳ではありません。
出来ない人はこのような方です。

・傷病手当受給者
・退職時の年齢が65歳以上の人

このような方は延長できません。
ご注意くださいね。

また、手続き可能な期間は決まっています。
それは、退職日の翌日から数えて30日以上になった翌日~1ヶ月以内です。

もし、あなたが失業保険を延長するケースに該当するのなら期限内に手続き
することをオススメします。

スポンサーリンク