怪我や病気をして働けなくなった大変ですよね。
そうなると傷病手当金を当てにしたくなります。
ですが、怪我や病気をしたからといって必ず傷病手当金をもらえるという訳ではありません。

何故なら傷病手当金をもらうためには、定められた条件を満たさなければいけないからです。
ではどのような条件が傷病手当金をもらうためにはあるのでしょうか??

それは、以下の通りです。

スポンサーリンク

・仕事に関わること以外の理由による怪我や病気
・仕事を休んでいる
・医師の認定を受けている
・4日以上連続で欠勤している
・給料よりも傷病手当金の方が多い

スポンサーリンク

まず、傷病手当金をもらうためには第一に、怪我や病気は仕事に関わること以外の理由でなければいけません。
これでないと、受給できませんよ。

例を挙げると、仕事中や通勤途中の怪我、病気はダメです。
この場合には傷病手当金の対象外となります。

また、仕事を休んでいることも傷病手当金をもらうための条件です。
ですから、仕事をしながらもらうのはダメです。
こんなことをしたら不正受給になっちゃいますよ(T_T)

あとは、お医者さんからきちんと働けないと認定される必要があります。
自己判断では傷病手当金は貰えません。

それから休む日数も重要です。
欠勤が4日以上なければ傷病手当金は支給されませんよ(T_T)
また、休んでいる間の給料が傷病手当金よりも多い場合にも支給されません(T_T)(T_T)

これらのことを覚えておいてくださいね

スポンサーリンク