うつ病にはどんな薬が処方される?

うつ病の場合に処方される薬があります。
それは。こののようなものですよ。

・抗うつ薬
・抗不安薬
・睡眠薬

うつ病になると、抗うつ薬が処方されます。
それがうつ病の治療のほとんどですね。

抗うつ薬を服用することによって、うつ病の幅広い症状を改善させます。
それが狙いですね。

抗うつ薬として代表的な商品はコレらです。
リフレックスやトレドミン、サインバルタ、デプロメール、ルボックス、パキシルなどなど。

どの薬が処方されるかは、医師の判断です。
これによって異なりますね。

抗不安薬には、うつ病になると現われる不安や焦りを改善してくれます。
このような効果が抗不安薬にはありますよ。

即効性があって効果が高いです。
なので、使用される機会が多いです。

ただ、依存性が強いという問題点も….(T_T)

それに、うつ病になると眠れなくなることがよくあります。
それを改善するために睡眠薬が処方されるケースも少なくありませんよ。

うつ病で処方される薬はこのようなものです。
ですが、患者さんによって処方される薬は異なると思ってくださいね。

また、薬を処方された場合は、必ず医師の指示に従ってください。
その指示にしたがって服用するようにしましょう。

自己判断で服用を中止したりしたりしてはいけません。
また、飲む量を増やしたりしてはいけませんよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

うつ病の人にはどんな接し方をすればいいの?

うつ病の人と接する時に注意したいポイントがあります。
それは、以下の通りです。

・聞き手に回る
・感情を理解する
・自分は味方だと伝える
・自分の感情を抑える
・重要な決断をさせない
・共感しすぎない

まず、相手の話を聞きましょう。
これがうつ病の人と接する時には大切です。

ただし、アドバイスをしたり、お説教をするのはNGです。
そんなことは止めてください。

ただ聞くだけで十分ですよ。

それから、相手の感情を理解することや自分は味方だということを伝えましょう。
これも、とても重要になります。

また、うつ病の人と接しているとイライラすることが多いですね。
ですが、そこで感情を表に出してしまうと相手を傷つけてしまいます。

だから、感情を抑えるようにしましょう。

それに、重要な決断をうつ病の時にさせると誤った判断をしてしまうことが多いですから、止めてください。

重要な決断は、できることなら先送りにするのがベストです。

そして、うつ病の人に共感することも大事です。
ですが、あまりにも共感しすぎると自分も気分が滅入ってしまうことになりかねません。
なので、共感しすぎないようにしましょうね。

このようなことに注意してください。
そうして、うつ病の人と接してくださいね。

スポンサーリンク