目の疲れのせいで薄毛になることもあるの?

目の疲れのせいで、薄毛になることはあるの?
この答えはというと、目の疲れが原因で薄毛になる可能性も….(T_T)

それは、目が疲れてくると、肩や首の筋肉が凝り固まってしまいます。
これにより、血流が悪くなります。

血流が悪くなると、頭皮に十分な栄養を届けることができません。
これがいけません。

そのせいで薄毛になるかもしれません(T_T)

また、目が疲れてしまうと、髪を育てるために必要なビタミンを消費するそうです。

その結果、頭皮が栄養不足になります。
それで、薄毛になる可能性があるのです(T_T)

このように、目の疲れが原因で薄毛になってしまうことがあります。
なので、目を酷使している人は十分に気をつけてる必要があります。

特に、デスクワークをしている人は要注意ですよ。
このような方は、目が疲れやすいからです。

目の疲れを軽減させるためにも、パソコンやテレビを見る場合は、ある程度の距離を保ちましょう。

それに、目薬を使用したり、温かいタオルを目にあてて血行を改善もオススメです。
また、目の疲れによる体の血行不良を改善するにはストレッチが有効です。
ですから、毎日ストレッチするのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

薄毛ってやっぱり遺伝?

薄毛と遺伝は関係しているといわれています。
ですが実際の所、この話は本当なのでしょうか?

結論からいうと、残念ながら本当なんです(T_T)

薄毛の両親を持つ子供は、残念ながら薄毛になる可能性が….(T_T)
また、両親が薄毛ではなくても、祖父母などが薄毛だとこれまた遺伝する可能性が….(T_T)

つまり、薄毛の家系の子供は、薄毛になりやすいのです。
そのような家系は薄毛の業を背負っているというわけです。

しかし、だからといって、絶対に薄毛になるという訳ではありませんよ。

薄毛の家系でも薄毛にならない人もいらっしゃいます。
この話は、あくまでも確率が高いというだけですよ。

そのため、自分の家系が薄毛だからといって諦める必要はありません。
またこれだけで、悲観する必要もありませんよ。

もしも、薄毛の遺伝子を持っていたとしても、規則正しい生活習慣を意識した、頭皮ケアを行うことによって薄毛になりづらくなりますよ。
それは、遺伝よりも生活習慣によって薄毛になってしまう割合の方が高いからです。

なので、薄毛の家系だからといってそれほど深刻に考えなくても良いです。

ただし、薄毛になる可能性が高いのは事実です。
ですから、若い頃からケアをしておいた方が良いでしょうね。

スポンサーリンク