うつ病の原因は、様々あります。
ですが、大きくこの2つでしょう。

・環境的要因
・身体的要因

環境的要因によるうつ病。
これはズバリ、ストレスが原因です

スポンサーリンク

まあこれは分かりやすいものです。
例えば

人間関係のストレス、
仕事のストレス、
生活環境の変化、
育児ストレス

こういったストレスがうつの原因になりやすいです。
このようなストレスで、うつ病を引き起こす場合が多いようです。

ですがストレスを感じるのは生きていれば当たり前のことです。
というよりストレスナシでは生きていくことが出来ません。
なので普通の人はたいていみなさん何らかの方法でストレス解消を行っています。

あなたもあなた独自のストレス解消法があることでしょう。

しかし、ストレスを軽減できない人もいます。
そういったかたはストレスをどんどん溜め込んだりします。

スポンサーリンク

そのような、過度なストレスを毎日受けているとどうなるか??
当然、うつ病になってしまいます。

次に、身体的要因によるうつ病をみていきましょう。
この身体的要因によるうつ病はその名の通り、体の異常が原因です。

どういったものかというと

仕事や育児などでの慢性的な疲労、
病気、
ホルモンバランスの乱れ、
薬の副作用

だいたいこういったことが要因としてあげられます。

慢性的な疲労ならば適度の休養で安静にしていればうつ病になるのを防止できます。
ですが病気や薬の副作用の場合は話が違います。
こういった場合には当然お医者さんにご相談しましょうね。

また、ホルモンバランスの乱れによるうつ病は、女性に多いですね。
これは心と体というものは当然密接な関係にあるからです。

どちらかに負荷がかかるともう片方にも負荷がかかってしまいます。
ですのでしっかりとこころも体も両方とも休養させましょうね。

こういったことで防げるうつ病もあるのであなたも生活には十分気をつけましょうね。

スポンサーリンク