前立腺肥大の検査では何が行われるのでしょうか?
それは、まず、問診と尿検査・血液検査です。
これが前立腺肥大の検査では最初に行われます。

この尿検査や血液検査では、前立腺がんの疑いも調べられます。
前立腺肥大が疑われた場合には、前立腺がんの検査も行うケースが多いのです。
なので、前立腺がんが発見された場合は、がんの治療も一緒に行うことになります。。

またこれらの検査で前立腺肥大が確認できた場合には、残尿量を測定します。
それによって病気の進行度を確認する検査なども行われますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まあ検査はこれだけではありません。
前立腺肥大の検査はその他にも様々なあります。

まず、直接触って大きさを確かめる直腸診があります。
直腸診では肛門から指を入れて触診します。
ですから多少の苦痛があります。
ここは我慢してもらうほかありません。

その他にも超音波エコー検査があります。
これはモニターに映しだして大きさなどを確認します。
超音波エコー検査では直腸検査と違い身体への負担はないですよ。

また、症状などによっては内視鏡検査もされるみたいですね。

このように前立腺肥大の検査方法には色々あります。
検査方法の違いは、進行状況によって変わってくるようです。

スポンサーリンク