病院や市販の薬で、吹き出物が治せるのでしょうか?
気になるところです。

その答えは吹き出物が治る場合もありますし、治らない場合もあります。
かなり曖昧です。
必ず治るとは言い切れないのが現状です。

当然吹き出物の症状が重い場合は治るのに時間がかかります。
それに完治も難しいかもしれません。

スポンサーリンク

ですが症状が軽い場合は違います。
その場合は治りも早いでしょう。
また吹き出物の症状が軽い場合には完治も夢ではありません。

ただ一般的には市販の薬を使用するよりも、病院から処方される薬の方が効果が強いです。
ですから市販薬よりも病院のほうがキレイに治る可能性があります。

スポンサーリンク

ですから吹き出物でお悩みならば病院にいかれることをオススメします。
この時病院から処方される薬は、大きく分けて2つあります。

・抗炎症剤
・皮脂分泌抑制剤

です。

抗炎症剤には、吹き出物の炎症を抑える働きがあります。
こり抗炎症剤は炎症や化膿を起こしている際に処方されます。

皮脂分泌抑制剤はその名の通りです。
この薬は吹き出物ができる原因になる皮脂の過剰分泌を抑制してくれるお薬です。

これらはどちらも内服薬と外用薬があります。
どちらを処方されるかはその症状によります。

ただ覚えておいてほしいことがあります。
それは病院から処方される薬は、効果が強い反面、副作用もあります。
ですから薬の使用にはくれぐれも注意しましょね(^^)

スポンサーリンク