ここではパーキンソン病の治療方法をみていきます。
治療法はこのようなものです。

・薬物療法
・手術療法
・脳深部刺激療法(DBS)
・リハビリテーション

です。
以前もお話したとおりパーキンソン病は完治は難しいです。
ですからパーキンソン病を発症した場合には、パーキンソン病の症状を抑制・緩和する治療薬が使われます。

スポンサーリンク

ただ、副作用も強いようです。
ですがその副作用も気をつけなければいけません。

手術での治療法は定位的視床破壊術や淡蒼球破壊術などがあります。
これらの手術を行うことによって、震えを軽減させられます。

スポンサーリンク

次は脳深部刺激療法(DBS)です。
この脳深部刺激療法(DBS)とは、脳に電気を送り、刺激を与えるという治療法です。
これは動作の調整を目的としているようです。

それに最後はリハビリです。
パーキンソン病の治療においてもやはりリハビリテーションは重要です。
リハビリテーションを行うことで、歩行障害や姿勢障害を改善することが可能です。
ですが簡単ではないでしようけどね。

またパーキンソン病のリハビリテーションの中には発語練習もあります。
このようなものがパーキンソン病の治療方法です。

以上がパーキンソン病の治療法として、代表的なものです。
どれにするかはお医者さんとよく相談してから決めてくださいね。
自分で判断するのではなく、専門医と相談して、どのような治療法が良いのかを決めるようにしましょう。

スポンサーリンク