パニック障害の治療法は、どのようなものがあるのでしょうか??
それは主に以下の2つです。

・薬物療法
・精神療法

まずあなたがパニック障害だと診断されるとしましょう。
そうすると、医師が薬を処方します。

スポンサーリンク

何故なら発症した際にはその薬を服用すれば、症状を抑えることが可能だからです。

パニック障害を発症しても、症状が軽い場合は、この薬物療法で大丈夫です。
薬物療法で軽度のパニック障害はほとんど治すことができます。
この療法でき、日常生活に支障をきたすことはありませんよ。

ご安心くざい。

ただし、薬には副作用があります。
どんな副作用かというと眠気、吐き気、便秘などです。
このことは覚えておいてくださいね。

スポンサーリンク

またパニック障害の治療には薬物療法以外にも精神療法があります。
精神療法でよく使用されるのが、認知行動療法なのです。

この認知行動療法というのは、症状が現われた時の呼吸法を学びます。
また、不安を感じる場所に慣らしていくといった治療法のことです。

つまり、パニック障害と正面から向き合います。
それでパニック障害を克服するわけです。

パニック障害になると不安や恐怖を敏感に感じてしまいます。
ですので、精神療法は非常に重要なんですよ(^^)

また、不安を感じる場所に自分自身を慣らしていくことを暴露療法(エクスポージャー)といいます。
この方法は、とても有効な方法の一つです。

パニック障害では、このよう治療法が行われますよ。

スポンサーリンク