パニック障害には漢方が有効だそうです。
ですが漢方で本当にパニック障害が治るのでしょうか?

答えを言うと実は漢方では完治させるのは無理です。
ですがパニック障害の症状を軽くすることはできます。
また、発症のリスクを下げることも漢方を使用することで期待できます。

こういった理由からパニック障害の治療の一環として漢方を行っている人も珍しくありません。

スポンサーリンク

パニック障害に効果があるといわれている漢方はズバリコレです。

・半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)
・柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)
・加味逍遙散(かみしょうようさん)
・柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)
・桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)

スポンサーリンク

まずは半夏厚朴湯からです。
半夏厚朴湯は、食事ができないほど不安でいっぱいの時に用いられます。

次の柴胡加竜骨牡蛎湯は、動悸を抑えたい場合や対人恐怖の症状を改善したいのならコレをオススメします。

加味逍遙散は、不安障害や動悸を抑制する作用がありますよ(^^)

柴胡桂枝乾姜湯は、不安感や恐怖感を感じる時に使用されます。
このようなときに処方されることが多いようです。

桂枝加竜骨牡蛎湯は、動悸や不眠の改善、フラッシュバックの抑制などが期待できます。
漢方をうまく使ってパニック障害の悩みを軽減させましょう(^^)

スポンサーリンク