パニック障害で処方される薬はどんなものがあるのでしょう。
それはこのような薬が処方されます。

・SSRI
・抗不安薬
・三環系抗うつ薬

それぞれ詳しく見て行きましょう。
まずはSSRIです。

スポンサーリンク

これは、選択的セロトニン再取り込み阻害薬と呼ばれる薬なのです。
この薬は、パニック障害の治療でよく使用されますよ。

この薬には、ある物質を増加させる働きがあります。
それは脳内のセロトニンという物質です。

ただ、効果が現われるまで時間がかかります(T_T)
ですがパニック障害には、今のところは最も有効な治療薬がSSRIなのです。

ただ、副作用もあります。
それは吐き気を伴うことも(T_T)(T_T)

また、この薬を服用してアルコールを飲んではいけまん。
そんなことをすると副作用を起こすリスクが高くなります。
ご注意くださいね。

スポンサーリンク

次は抗不安薬の説明です。
この抗不安薬は、SSRIが開発される前によく使用されていた治療薬だそうです。

ただこの薬は副作用が非常に強いです。
どんな副作用かというと、服用すると眠気を感じます。

最後は三環系抗うつ薬です。
この薬はまさに最終手段なのです。

三環系抗うつ薬は、SSRIや抗不安薬で思ったような効果が現われない場合に使われます。
しかし、副作用も強いです。

ですので、使用する際は十分に注意しないといけませんよ。
まあ処方されるときに説明はあると思いますが…..(^^)

ここで紹介した薬はどの薬にも副作用があります。
ですのでしっかりと、医師にどのような症状が現われるのか確認しておきましょうね(^^)

また当然ですが眠気やめまいを伴う薬を服用する場合は、車の運転は絶対にやめてください。

スポンサーリンク