パニック障害だと仕事ができないイメージがあるかもしれません。
ワタシもそんなイメージを持っていました。
ですが、そんなことはありません。

パニック障害でも仕事をしている人はたくさんいます。
ですから心配しないでくださいね。

ただ、普通通り仕事をするには、コツが必要です。
そのコツとはコレです。

スポンサーリンク

・無理をしない
・規則正しい生活をする
・医師の指示に従う

パニック障害を抱えて仕事をする場合、無理は絶対に禁物です。
パニック障害は、疲労やストレスによって発症しやすくなりまます。

ですので、心や体が疲れていると感じた場合は、早めに休みましょう。
そこで無理をして残業を繰り返したりすると大変ですよ。

スポンサーリンク

そんなことをしていると、パニック障害が起きる可能性があります。
だからこそ無理はやめましょう。

そして、規則正しい生活を送るようにしましょう。
規則正しい生活はパニック障害発症のリスクを低くします。

毎日、十分な睡眠時間を確保して、適度に体を動かしましょう。
また、栄養バランスの良い食事をとるというのも大切です。

そうすると、精神的にも肉体的にも健康な状態を維持できます。
これでパニック障害が起こりにくくなりますよ。

それに、医師の指示を無視してはいけせん。
医師の指示を無視して、薬の服用を止めたり、無理をしたりしてはいけません。
そんなことをするのは危険です。

場合によっては、休職してゆっくりと静養するのも必要です。
ですから、医師の指示に従いましょうね(^^)

スポンサーリンク