朝起きて首が痛い原因

朝起きて首が痛い原因は色々あります。
まあこのようなことが原因でしょう。

・寝違え
・枕の高さが合っていない
・首の使い過ぎ
・首の骨の異常
・歯並びが悪い

今まで全く何ともなかったのに、朝起きて急に首が痛くて動かせなくなっていたらこれが原因です。
寝違えです。

多分ほとんどの場合は寝違えが原因と思われます。
この寝違えは寝ている間に首への負担が大きくなることでおこります。
具体的には首が痛くなるのです。

ではどうして寝違えるのでしょう?
それはまず枕の高さが合っていない場合が考えられます。
この枕の高さが合ってない時に首の負担となります。
それで、起きた時に首が痛くなります。

スポンサーリンク

ですから枕を新しくしたら注意してください。
それで首が痛くなるかもしれませんよ。

あと首が痛くなる原因として仕事でパソコンをずっと使っていたりしたらなります。
また、不自然な姿勢で携帯電話やスマホを長時間いじっているのもいけません。

これらの場合も翌日に首の使い過ぎから首が痛くなることがあります。

また、首の骨に何らかの異常がある場合もそうです。
この場合も首が痛くなります。

この場合はできるだけ早く病院にいかれることをオススメします。
最後は歯並びです。

もしかしたらあなたは歯並びと首は関係ないと思われるかもしれません。
ですが、歯並びが悪いと物を噛む際に首へも負担が掛かるのです。
知っていましたか?

これが首の痛みの原因になることもあるのですよ(^^)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)