コンタクトで近視を矯正する時注意しておいてほしいことがあります。
それがコレです。

・必ず眼科医の診断を受ける
・定期検査を受ける
・長時間装着しないようにする
・レンズのメンテナンスはきちんと行う
・ドライアイであれば、極力コンタクトは避ける

近視の矯正のためにコンタクトを使用する場合ままず眼科に行きましょう。
そして、必ず最初に眼科医の診断、及び処方を受けるようにしてください。

スポンサーリンク

この頃では簡単に通販でコンタクトを買うことが出来ます。
だからこそ自分勝手にコンタクトを買ってつけている人も少なくありません。

ですから目の中に入れるものです。
色々とトラブルもあります。

たとえばコンタクトレンズが角膜にはりつくといったトラブルです。
だからこそ眼科医の診断が必ず必要なのです。
そうしないとよけいなトラブルにあってしまいますよ。

また、同じ理由で定期検査もきちんと受けてください。

思わぬ眼のトラブルがコンタクトを使うことで発生していることもあります。
だからこそ定期検査は必要なのです。
定期検査の頻度は大体三か月に一度くらいでよいでしょう。

スポンサーリンク

これくらいの頻度で眼科で検査を受けましょうね。

それにコンタクトレンズを長時間つけてはいけません。
これはとても重要です。

なぜならコンタクトを長い時間つけていればいるほど必ずといっていいほど目に関するトラブルの発生率が高くなります。
そのリスクを減らすためにも長時間コンタクトレンズを装着するのはやめましょうね。

ここまでは人間側のメンテナンスでしたが
当然コンタクトレンズ本体のメンテも必要です。
これもきちんと行いましょう。

レンズが汚れているといけません。
何故なら酸素がその汚れによって上手く取り入れられなくなったりします。
また汚れのせいで角膜が炎症を起こしてしまうこともあるのです。

そして、ドライアイの方は要注意です。
このような方はコンタクトによって眼を傷つけてしまう可能性が高いです。
ですからドライアイの方はできるだけコンタクトレンズを使うのはやめておきましょう。
ドライアイの方は眼鏡の方をオススメします(^^)

スポンサーリンク