更年期障害を改善・予防したいですよね。
そのためにも食生活に注意しないといけません。

乱れた食生活をしていると危険です。
そんな生活を送っていると、更年期障害になるリスクが高まります。
それに加えて更年期障害の症状が悪化してしまいます。

そのため、更年期障害を防ぐためにも規則正しく、栄養バランスの良い食事を心がけるようにしてください。
けどたまにはこってりしたものも食べたいものです。

スポンサーリンク

それはさておき
更年期障害の原因となるホルモンバランスの乱れを食事で整えるポイントを紹介します。
それは、3つあります。

・大豆製品を食べる
・減塩を意識する
・カルシウムの摂取

スポンサーリンク

これらが更年期障害を改善するのに有効です。
特に、豆乳や納豆といった大豆製品がオススメです。

大豆製品には、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをする大豆イソフラボンという物質が含まれています。
これにより女性の更年期障害を和らげてくれるようです。

また、塩分を摂り過ぎは危険です。
塩分を摂取し過ぎるとと更年期障害が悪化します。
ですからできるだけ、減塩することを意識してください

それに、更年期障害になるとカルシウムが不足になります。
その結果、骨粗しょう症のになる確率が高くなります。
骨粗しょう症予防のためにも積極的にカルシウムをとるようにしましょうね。

スポンサーリンク