更年期障害になる原因は何なのでしょうか?
大きく分けて2つ原因があります。

それがこれです。

・ホルモンバランスの乱れ
・ストレス

スポンサーリンク

まあ更年期障害の主な原意はホルモンバランスの乱れのようですよ。

女性の場合だと閉経時期の前後にかけて、多く発症します。
まあ卵巣機能が低下するしますからね。
年代は大体40代半ば~50代半ばのぐらい。

卵巣機能が低下するとどうなるのでしょう。
それはエストロゲンという女性ホルモンの分泌量が少なくなります。
その結果脳が卵胞刺激ホルモンを分泌しようとするのです。
エストロゲンの量を増やすためにです。

スポンサーリンク

でも卵胞刺激ホルモンをいくら分泌させても無理なのです。
何故ならば、卵巣機能が低下しているからです。
ですので、エストロゲンが分泌されることはありません。

その結果、ホルモンバランスの乱れになります。
エストロゲンと卵胞刺激ホルモンの分泌量のバランスがです。
これにより更年期障害になるのです。

また、ストレスも更年期障害は大敵です。
このストレスにより更年期障害を引き起こす場合もあるのです。

40代~50代の更年期になるといろいろあります。
生活環境が変化しますものね。
それによりストレスを溜めやすい年代でもあるのです。

そのストレスが原因で、更年期障害の症状が現れる人もいます。
ですのでストレスに対しても注意する必要がありますよ。

スポンサーリンク