血液検査をすると、肝臓が健康かどうか確認することができます。
健康診断の時の血液検査をされているならば肝臓の具合がわかります。

その時に使用される代表的な数値は、以下のようなものです。

・ALT(GPT) 
・AST(GOT) 
・γ-GTP

スポンサーリンク

それではこれらの数値の意味をみていきましょうね。
ALTとは肝臓に特化した酵素を数値化したものです。
基準値は、5~45U/Lです。

この数値を超えている場合はいけません。
もし超えていると、肝炎や肝硬変、肝臓がん、心筋梗塞、アルコール性肝障害、脂肪肝などの可能性ありです。

ASTは肝臓、心臓、筋肉などに含まれる酵素を数値化したものです。
基準値は、10~40U/Lがですよ。

スポンサーリンク

ASTも基準値をオーバーしていると病気の可能性があります。
それがこれらです。
心筋梗塞、肝炎、肝硬変、脂肪肝、肝臓がん、アルコール性肝炎などです。

γ-GTPとは、解毒作用と関係している酵素を数値化したものです。

このγ-GTPも50U/L以下が基準値となっています。
もしこのγ-GTPの数値が50U/L以上だとアルコール性肝障害、急性肝炎、肝臓がんなどの可能性ありですよ。

ご注意くださいね。

γ-GTPの基準値を超えやすい人はお酒が好きな人がおおいです。
なので飲兵衛さんは十分注意してください。

どの数値もそのまま放置しておいてはいけません。
ですから数値が異常ならば必ず医師とこれからの対策を考える必要がありますよ。

スポンサーリンク