「肝臓に気をつけた方がいい」とよく言われます。
ではそもそも肝臓はどのような働きをしているのでしょうか?
あなたは知っていますか??

肝臓の代表的な働きは主にこういったものです。
それは次の3つです。

・解毒
・胆汁の生成および分泌
・代謝

スポンサーリンク

肝臓は、体に有害な物質を分解します。
それで体に害がないように無毒化します。
肝臓にはこういった働きを持っています。

このことを解毒作用といいます。
また有害物質とはアルコールや老廃物といったものを指します。

それに、肝臓は、胆汁を生成したりもします。
また肝臓は胆汁を分泌する働きもあるのです。

胆汁には、消化吸収をサポートする働きや血中コレステロール濃度を調整する働きがあります。
また、老廃物を排出する働きがあります。

スポンサーリンク

こうしてみるのかなり重要だといえます。

また、肝臓はこの代謝の働きも担っています。
ちなみに代謝とは食事で摂った栄養素を体内で使える形にすることですよ。

そして、その栄養素を貯蓄します。
それで、必要に応じて供給しているのです。

これが肝臓が持つ働きなのです。

ここまで書いてわかるとは思いますが肝臓は非常に大切な器官です。
ですからできるだけ負担をかけないようにしましょうね(^^)

肝臓に負担がかかると正常な働きをすることができなくなります。
その結果体調にも甚大な影響を及ぼしますよ。
くれぐれもご用心くださいね。

また、その症状が悪化してしまうと大変です。
何故なら、様々な病気を引き起こすこともあるからです。
ですので肝臓はいたわりましょうね(^^)

スポンサーリンク