肝臓が弱っている時にはカラダにサインが現れます。
それは、次のようなものです。

・淡黄色の顔
・手のひら、足の裏、爪の色が黄色くなる
・睡眠障害
・イライラする
・肩こりや首こり
・頭が重い
・眠気
・疲労感
・足のだるさ
・便秘気味
・口臭
・めまい
・手足の冷え

です。

スポンサーリンク

これらの症状が現れている人は問題です。
このような症状があるひとは肝臓が弱っている証拠です。

心当たりのある方はまずアルコールの摂取量を減らしましょう。
そして食生活に気をつけるましょう。

健康には規則正しい生活習慣が必要です。

肝臓が弱っている人は、常に疲労感が取れない傾向にあります。
その結果集中力や注意力がなくなります。

スポンサーリンク

それで事故に遭いやすくなるかもしれません。
また仕事でミスを頻繁に起こす可能性が高くなります。
けして軽く考えてはいけません。

また、肝臓が悪いと手のひらや足の裏、爪など、体が黄色くなります。
ですから自分の体の色を調べてしましょう。
もし黄色かったら要注意ですよ。

それに、肝臓の機能が弱まると肩や首に強いこりを感じるようになります。
そのためギックリ腰になりやすいようです。
肝臓が弱まっているとそこまで影響があるのかとワタシも驚いています。

肝臓が弱まるとその影響は体だけではありません。
精神面でも影響があります。
肝臓が弱まると怒りっぽくなるそうです。

またそのまま症状を放置しておくことはオススメできません。
何故ならば最悪の場合命に関わる重大な病気を引き起こす可能性があります。

ですので異常があるようでしたら早めに病院に行き医師に相談しましょうね(^^)

スポンサーリンク