肝臓が弱まると肝硬変を発症する可能性があります。
では肝硬変になるとどのような症状が現れるのでしょう?

肝硬変の主な症状はこのようなものです。

・食欲不振
・体重減少
・倦怠感
・疲労感
・下痢
・腹痛
・顔色が黒くなる
・肝臓の痛み
・出血しやすい

スポンサーリンク

肝硬変になると食欲がなくなります。
そのために体重が減少してしまいます。

また疲れやすくもなります。
ですから肝硬変の方は常に疲労感や倦怠感を感じているようです

また、下痢や腹痛といった症状もあるそうです。
これは見落としがちなのですがね。

スポンサーリンク

そして肝硬変になるとメラニン色素が増殖することで顔色が黒くなったりします。
また肝臓に痛みを感じたもします。
さらには、歯茎や鼻から出血も肝硬変の症状としてあげられます。

これらの症状が現れた場合は要注意です。
もしこのような症状の自覚症状があるのならば、肝硬変の危険性があります。

早めに対処すれば進行を抑えることが可能です。
ですがそのまま放置してしまうといけません。

最悪命を落とす危険があります。
ですから異変を感じた場合はすぐに病院で検査を行いましょう。

そして、肝硬変を予防するためにも、お酒の飲みすぎはいけません。
また乱れた生活習慣も直すようにしてくださいね(^^)

スポンサーリンク