腎臓の機能とはどのようなものなのでしょうか?
それは、大きく4つに分類できます。

・水分調節
・老廃物の排出
・血圧調節
・ビタミンDの生成

人体の6割は水分でできています。
これは有名ですよね。

それでこの水分量を調節する働きを腎臓が持っています。

スポンサーリンク

この水分の割合が少しでも変わってしまうと大変です。
そうなると、私たちは生きることができません。

ですから腎臓はなくてはならない臓器なのです。

それに、腎臓にはまだ大切な働きがありまます。
それは、体内にある老廃物を体外に排出するというお仕事です。

スポンサーリンク

この働きが弱まってしまうと大変です。
そうなると、体が毒素におかされてしまいます。
もし毒素に侵されたら命に関わるような重大な病気にかかる可能性もあります。

また、血圧を調節する働きも腎臓は持っています。
ですから腎臓の働きが弱まってしまうと問題です。
何故ならば血圧が高くなってしまうからです。

さらに、腎臓は丈夫な骨を作るために必要なビタミンDの生成も行っています。
これはワタシは知りませんでした^^;
このビタミンDが不足すると、弱々しい骨になるそうです。
その結果として骨折しやすくなるというから大変です。

簡単に腎臓の機能を見てきましたがとても大事な機能ばかりです。
なので、もし腎臓に異変が起きると体にとっては大問題です。

その影響は、体全体に及ぼしてしまうからです。

スポンサーリンク