腎臓の機能が弱まるとどうなるのでしょうか?
それはこのようなことが考えられます。

・老廃物が蓄積する
・電解質バランスが乱れる
・血圧の上昇
・貧血
・骨が弱くなる

どれをとっても大変です。
腎臓の機能が弱まると、このようなことが起きてしまうのです。
要注意ですよ(^^)

スポンサーリンク

まず、老廃物が体内に蓄積されてしたらどうなるのでしょうか。
これからみていきましょう。

まずこのような状態になると体がむくんだり、体にだるさを感じます。

また症状として吐き気や頭痛といった症状を起こります。
それにそれに心不全や尿毒症といった病気になる可能性を秘めています。
どれをとっても嬉しくありません(T_T)

それに、腎臓が弱まると、電解質バランスが乱れます。
その結果体が酸性気味になります。

スポンサーリンク

では体が酸性気味になるとどんな症状がでるのでしょうか?
それは吐き気・嘔吐・記憶障害などがおきると思われます。

それから、腎臓の機能が低下すると、血圧と関係するレニンが過剰分泌されます。
このために血圧が上昇してしまいます。

まだまだあります。
その他にも、腎臓が弱るのに伴って赤血球が減少して貧血になるのです。

また腎臓が弱るとビタミンDの生成ができなくなります。
それで骨が弱くなることもあります。

ざっと見ただけでも大変なことばかりです。
腎臓の機能が弱まると、体に大きな悪影響を及ぼします。
ヘタをしたら重大な病気を引き起こすことにもなりかねません。

健康的な生活をするためにも、日々腎臓に負担をかけてはいけません。
あなたの大切な腎臓はあなた自身が守るしかありません。

スポンサーリンク