変形性膝関節症とはどういったものなのでしょう。
それは老化によって弾力が失われてひび割れた膝関節の軟骨に負荷がかかります。
そのことで軟骨が磨り減り関節が変形してしまうことです。

これが変形性膝関節症です。

変形性膝関節症は、中高年の膝の関節痛の要因で最も多いです。
特に65歳以上になるともう大変てす。
この年代は発症リスクが高まります。

スポンサーリンク

それに、女性の方が変形性膝関節症になりやすいです。
男性よりも女性のほうが2倍から4倍くらい発症しやすい病気というデーターがあります。

その理由は女性ホルモンの分泌量低下、筋肉量、体型など、様々です。
まあ女性はハイヒールをよく履いていたりします。
またO脚だったりもしますね。

このような状態だと膝の関節にかなりの負担がかかってしまいます。
ですから心当たりのある方は要注意です。

スポンサーリンク

また、膝には体重の2倍から3倍の負荷がかかります。
そんなに膝に負荷がかかっていたとは驚きです。
ですので肥満気味であればダイエットすることも有効です。

ダイエットをすることで変形性膝関節症の予防になります。

変形性膝関節症は、進行すると日常生活にも支障をきたします。
怖い病気です。

始めのうちは、膝を使った動作を行う際に、軽い痛みやこわばりを感じるくらいです。
ですが、徐々に痛みが強く長く起こるようになっていきます。
また膝に腫れたり水がたまってしまうこともあります。

安静にしていても痛くなってしまうと大変です。
こうなると日常的につらいです。

さらに、動かないことで筋力が低下します。
それで痛みがひどくなります。

こういった負のスパイラルに陥ってしまいます。

50歳を過ぎて膝に痛みを感じたら気をつけましょうね。
その場合は、すぐに病院を受診しましょう。
それで、レントゲンを撮るようにしてください。

何事も早期発見・早期治療は重要ですよ。

スポンサーリンク