卵子の凍結保存というのはご存知ですか??
これはまず卵子を採取します。
そして、それを凍結保存します。

いつまで保存するかというと妊娠したいと思った時です。
そう思った時に凍結した卵子を使うのです。

では、どのような流れで凍結した卵子を使用するのでしょう。
まず、卵子を採取します。
そしてその卵子を液体窒素内で冷凍保存します。

スポンサーリンク

そして時がたち妊娠を希望するときに卵子を解凍します。
そして卵子野中に精子を注入するのです。

それでその受精卵を本人に移植するのです。

これが凍結した卵子を使用して妊娠させる一連の流れです。
このように、凍結保存された卵子は体外受精なのです。

スポンサーリンク

卵子の凍結保存にはメリットがあります。
それは下記の通りです。

・妊娠率アップ
・身体的負担の減少
・経済的負担の減少

まずは妊娠率のアップを見て行きましょう。
これは精子と卵子を人工的に受精させます。
すると当然妊娠率をアップすることができます。

また、一度の採卵で複数の受精卵を得られる可能性があります

これにより身体的負担を減少が期待できます。
また経済的負担を軽くすることがも(^^)

現在の不妊治療でも卵子の凍結保存を用いた治療が行われています。
これで妊娠した方も数多くいらっしゃいます(^^)

不妊に悩まされている方には卵子の凍結保存を用いた治療も良いかもしれません。
検討する価値はあると思いますよ。

スポンサーリンク