ストレスのせいで子供ができないことも?

不妊の原因は色々あります。
ですが、その中の一つにストレスもかなり大きいのです。

ストレスが原因で、子供ができないこともあるのですよ。
ご注意くださいね。

スポンサーリンク

では、どうしてストレスのせいで子供ができないのでしょうか?
これには理由があります。

それはストレスを感じると自律神経が乱れます。
その結果、ホルモンバランスが崩れてしまうのです。

ホルモンバランスが崩れてしまうとどうなるのでしょう。
それは女性ホルモンに大きな影響を与えます。

これにより、子供ができにくい体質が完成してしまいます(T_T)

また、これは女性だけではありません。
このことは、男性にも同じことが当てはまります。

スポンサーリンク

男性もストレスを過度に受けてしまうと悪影響を受けます。
ストレスのせいでホルモンバランスが乱れてしまいます。

その結果、精子の数が減少するのです(T_T)(T_T)

精子の数が減少するということはどのような意味を保つのでしょう。
それは、妊娠する確率が低くなるのです。

そのため、過度なストレスは要注意です。
これは男女ともに子づくりに悪影響を及ぼすものと覚えておいてくだいね。

そして、子供ができないことがストレスになってしまいます。
これにより、さらにできづらくさせてしまいます。

まさに負のスパイラル(T_T)

不妊治療は大きなストレスになります。
ですが、それをずっと溜め込んでしまうといけません。

そうなると悪循環になってしまうからです。
そうならないためにも気をつけましょう(^^)

スポンサーリンク