外反母趾になると歩く時に痛みを伴うことがあります。
そうなると当たり前ですが長い時間歩くのは無理です(T_T)

ですからこの場合にはテーピングをしましょう。
これで痛みを和らげてくれる効果があります。

手術などはシたくないという方などはテーピングをオススメします。
テーピングをすることによって、今まで感じていた痛みを和らげることが可能です。
けどどうしてテーピングで痛みが和らぐのでしょうか?

スポンサーリンク

それは足指に力を入れて歩けるようになるからです。
もちろん正しいテーピングをすればの話ですが…..。

それで歩くときのバランスが良くなります。
それで足の負担が軽くなります。
これで痛みが和らぐのです。

スポンサーリンク

また外反母趾はひどくなると足の形が変形してしまいす。
この場合にもテーピングは有効なのです。

テーピングで完全にもとに戻すのはちょっと無理ですが
ある程度ならば改善も期待できるでしょう。
けど間違ったテーピングのやり方では効果は期待できません。

ですから正しいやり方を専門家に直接習うことをオススメシておきます。

自分勝手にテーピングをするとますます外反母趾がひどくなることもあります(T_T)
ご注意ください。

あとテーピングをすると皮膚がかぶれることもあります。
特に皮膚が弱いひとなどはこの傾向にあります。

こんな方は毎日テーピングをするのではなく休みを入れながらテーピングを行いましょうね(^^)

スポンサーリンク