自律神経失調症はどうやって治療する?

自律神経失調症の治療法は、このようなものがあります。

・薬物療法
・一般心理療法
・整体療法
・自立訓練法

まず、薬物療法から見て行きましょう。
薬物療法とは、薬によって自律神経失調症を治療するというものです。
まあ、読んで字の如しですね。

一般的に、抗不安剤や抗うつ剤、睡眠誘導薬、ホルモン剤、自律神経調整剤などが使用されるそうとですよ。
服用する場合は、おぼえてほしいことがあります。
それは、副作用があるということです。

これは忘れないようにしましょう。

特に、抗不安剤や抗うつ剤は、強い副作用が起きることがあります。
ですから注意してくださいね。

次は一般心理療法です。
この一般心理療法は、自律神経失調症を引き起こしている問題を認知療法や行動療法、家族療法、認知行動療法などで解決します。
そうといった治療法です。

整体療法では、体の歪みを整えます。
それにより自律神経のバランスを改善をめざします。
それで、症状を緩和させるのが狙いですね。

自立訓練法とは、自己暗示によって精神状態を安定させるという治療法なんです。
これは、最初は自分一人で行うのが難しいですよ。

なので、最初は指導者のサポートが必要です。

自律神経失調症になった場合、このような方法で治療を行います。
これが一般的でしょうね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

自律神経失調症を改善できる漢方はあるの?

自律神経失調症を改善したい場合、漢方を使用するのもありですよ。
これはあまり知られていませんが、漢方薬の中には、自律神経失調症に効果を発揮するものもあるんです(^^)

漢方薬は病院で処方される薬とは異なります。
それは、漢方には副作用があまりありません。

なので、安心して使用することが可能です。

ただ、治療薬ではなく、あくまでも体の機能を整えることを目的とした薬です。
ですから、漢方の効果には個人差があります。

また、漢方には即効性もありません。
そのため、あまりにも症状が重くて、すぐにどうにかしたいという場合には漢方では力不足です。

症状の軽いかたなら漢方を選択するのもよいでしょう。
自律神経失調症に効果を発揮する漢方薬は、この2つです。

・半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)
・加味逍遥散(かみしょうようさん)

半夏厚朴湯には、動悸やめまい、吐き気などを改善する作用があるそうです。
これだけではありません。

また半夏厚朴湯には、喉が詰まったような感じがする場合にも効果を発揮します。

加味逍遥散は、精神状態を安定させる作用があります。

病院で処方される精神安定剤とは違います。
漢方には副作用や依存性が低いです。

なので、こういった症状に悩んでいる場合には漢方を試してみるといいかもしれませんね。

スポンサーリンク