背中の痛みの原因は前にあげた意外にもあります。
それは単純に年齢からきていることです(T_T)
ちょっと寂しいですね。

まあ背中が痛いと「何かの病気の症状ではないか」と不安に感じるかもしれません。

ですが、中高年の方は病気ではない可能性もあります。
ただの年齢による痛みです。
このケースも中高年には結構あるようです。

スポンサーリンク

年齢を重ねると、椎間板が弱まるそうです。
それにより筋肉が緊張しやすくなります。
そんな仕組みがあったとはワタシもしりませんでした。

こうなるとその筋肉の緊張がコリに変わります。
それが原因で背中に痛みになるのです。

特に、同じ姿勢で仕事をしているデスクワークの人は要注意です。
このような方は背中に大きな負担をかけています。
その結果痛みに繋がるのです。

スポンサーリンク

なのでデスクワークの方は気をつけましょうね(^^)

この場合背中のコリを解消しなければいけません。
それが一番の解決法です。
なので対処法としてはゆっくり湯船に浸かったりしましょう。
また背中のストレッチを心がけましょうね。

湯船にゆっくりと浸かると筋肉の緊張がほぐれます。
また湯船に浸かることで血行を改善も期待できます。
これで筋肉のコリの解消ができるのです。

また、ストレッチを行うことも有効です。
何故ならストレッチでコリ固まった筋肉をほぐせます。
それで筋肉のコリを改善できるのです。

30代くらいになって背中に痛みを感じた場合は、単純に年齢が原因である場合が多いのです。

ですからその年代で背中の痛みを感じたらまずはコリをほぐす努力をしてみてはいかがてすか(^^)

スポンサーリンク